Didiがeコマースへ進出、テンセント教育は1万人のAI教師を育てる ‐4月21日

平日毎日更新。ニュースにない背景や観点を Clubhouseで解説しておりますので、お時間がある方は、是非そちらをご利用下さい(日本時間22時開始)。

Clubhouse イベント:断然中国 ニュース解説

【掌阅科技:2020年の収益は329億7600万円、前年比9.47%増】掌阅科技は、2020年の年次報告書を発表しました。 報告書によると、2020年の掌阅科技の売上高は329億7600万円で、前年比9.47%増、純利益は44億6,880万元で、前年比64.07%増となった。

Huawei CEO:車で携帯電話の利益損失を補う】上海の南京路にあるHuaweiのグローバル本店で、HuaweiのコンシューマービジネスのCEOである余氏は、Huawei SF5の販売を正式に開始したことを発表した。余氏は、米側から度重なる制裁を受けた後、ファーウェイの携帯電話事業に影響が出たことを考え、携帯電話事業の売上への影響による利益減少を補うことができる自動車の販売を決定したという。

【快手の”2021 スーパー・パートナー”に200%のインセンティブ】快手アライアンスの会場で、シニア・バイスプレジデントの馬氏は、快手アライアンスの最初の目標として1600億円を設定したことを明らかに。 同時に「2021スーパーパートナープログラム」を開始し、ツール、ゲーム、映像情報、小説など様々な業界のパートナーに参加を呼びかけ、1600億円の特別支援、優先投資などの権益を享受し、パートナーは最大で200%のインセンティブ。

【Didiがeコマースへ?】Didiアプリ内で初の自社EC事業をテストしたというニュースもあり、「今日の激売れ製品(今日爆款)」という名前で表示されている。 関連スタッフによると、Didiは送料無料で製品をお届けするという、ECサービスの模様。

【テンセント教育は1万人のAI教師を育てる】主務官庁の指導のもと、大学や教育機関、あらゆるレベルのパートナーと協力して「光合 2.0」を立ち上げることを発表しました。 テンセント教育は、100の職業を対象とした教育コースを構築し、1,000のデジタル教育アプリケーションを開発するのを支援し、1万人の人工知能教師の育成を支援します。

【EVの求人が1.8倍、月給が21.6%増】BOSS直雇用のデータによると、今年、テスラ、NIO、理想、Xiaopengなどの自動車メーカーが求人情報を掲載し、求職者の数は増加の一途をたどっています。 中でも、自動運転の研究開発、操縦席の設計、ソフトウェアエンジニア、営業、ユーザー・オペレーションなどの職種の需要は、前年比で1.8倍以上に増加しています。 新車メーカーが支給する平均月給は245,872円で、前年同期に比べて21.6%増加しました。 自動運転アルゴリズムに関連する職種では、年収1600万円を超えるものもあります。

【广电総局:2020年コンテンツサービス収入は前年比36.36%増】 「2020年国家ラジオテレビ産業統計公報」によると、 ネットワーク・動画コンテンツの収入は引き続き急速に増加しており、利用料や番組のライセンシングなどのサービス収入が前年同期比36.36%増の1兆3292億円と大幅に増加している。

【ByteDanceの今日頭条が飲食店を提訴:3200万円を請求】 ByteDanceの今日頭条は、河南省にある油揚げを製品とする飲食店「今日油条」を商標権の侵害と不正競争で提訴し、侵害と不正競争の停止を要求し、1600万円を請求しました。 広州知的財産法院で公開審理が行われました。今日油条から和解を求められたが、ByteDanceは受け入れないため、法廷では結果宣告されなかった。

Facebook Pageはニュース解説の他、中国に関する情報を色々シェアします。

ブログから過去の記事が見れるようになっております。

断然中国 on Clubhouseにて、皆さんとディスカッションする場を設けております。

Clubhouse InstagramTwitter:Danの個人SNSアカウントとなります