ソフトバンク・ファンド主導の3.3億ドル投資を受けた生鮮アプリ

Masayoshi Son, billionaire, chairman and chief executive officer of SoftBank Group Corp., speaks during a news conference in Tokyo, Japan, on Wednesday, Feb. 7, 2018. Son unveiled plans for an initial public offering of his domestic telecom operation, signaling the evolution of his business empire and his increasing focus on investments in startups such as Uber Technologies Inc. Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

「叮咚买菜(DingDongMaiCai)」という生鮮デリバリーのアプリはビジョンファンドとその他VCより3億3000万ドルのシリーズD+の調達完了を発表した。当ベンチャーシリーズDラウンドの累計資金調達額は10.3億ドルに達しました

Published
Categorized as BizChina

ByteDanceがテンセントの1億2800千万円の賠償金を上訴

テンセントは数年に渡って、ByteDanceを叩いてきています。WeChatでDouyinを禁止しているが、REDはしていない。王者栄耀のコンテンツでByteDanceを訴えるが、快手(TikTokに近いアプリ、時価総額10兆円)は使っても大丈夫….

Published
Categorized as Notes

TikTokが内部運営をEU向けに公開、CATL:優良上場企業への総投資額を3040億円に

当社2020年の売上高は8051.04億円、前年比9.90%増。純利益は893.28億円で、前年比22.43%増となっている。2020年4月にトヨタ自動車が51%、パナソニックが49%を出資してに設立したプライムプラネットエナジー&ソリューションズ(PPES)が日経ビジネスの取材において、「寧徳時代新能源科技(CATL)には絶対に負けられない。開発・生産準備の生産性を従来の10倍に引き上げることで、信頼性や性能はもちろん、コストでも勝負できるようにする」と意気込んでいる事から、CATLの脅威が伺えるだろう。技術イノベーション関連ビジネスがどんどん「Winner Takes All」になっている今、日本企業が「三本の矢」のように戦わないと負けると、先人である毛利元就は嘆くかもしれません。

Published
Categorized as BizChina